#karamari とは、学生を中心とした染織テキスタイルの可能性を考えるプロジェクトであり、団体であり、ブランドです。染織テキスタイルのネットワークの構築を目指し、合同展示会や、企業やアーティストの方を招いた座談会、工房見学、ワークショップなどを行っています。2011年秋には「からまりましてん」を開催します。企画や運営、営業などスタッフも募集していますー
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

心が震えるほど、感動したのはいつですか
 こんばんは^^
最近は日をまたいでの更新が続いてますね…
だって日記にログインできないんだもん!www
26日の座談会の詳細も、
このブログに少し嫌われているッポイさらがお届けします笑

今日の座談会は、
箔屋の野口琢郎さんです!

笑顔が素敵ですね…
この笑顔のイメージを裏切らない、とても気さくな方でした

話の内容は、箔の作りかたから箔画作家としての道のりまでを、
座談会終了後は、お越し下さった悩める子羊の学生たち(私もその一人です笑)に相談やアドバイスをしてくださりました☆

箔の作り方では、漆を塗った和紙に箔を貼付け、その和紙ごと細かく刻むので、金糸とはちょっと違うということをDVDを見ながら教えてくれました。

箔には、金や銀、朱や青などたくさんの色がついています。

これってどんな仕組みなのかご存知ですか

なんとこれ、焼いて色をつけてるんですよ!!
焼くといっても半田ごてのようなもので熱気をあてるようにするんだとか
それで化学反応を起こして色が変わっていくんだとか

よく、温泉に行って、銀のアクセサリーをうっかりつけたまま入り、
しばらくすると、黒ずんでいる事ってありませんか?
あれは、温泉の成分の硫黄と熱でそうなるらしいです

箔もそのようにして色をつけていくんですね!初知りです

私は、小学生の頃に誰もがやったと思いますが、銀の折り紙に黄色のマーカーで色づけすると金色になるといったように、ベースの箔に色をつけていくんだと思っていました…

えっ?やりませんでしたか?
まぁとりあえず、低レベルな箔が出来そうですね(^ω^)

箔の作りかたを教わった後、箔画作家としての道のりまでをお話していただきました
話の内容をまとめさせていただくと、
いい方向にひねくれて育たれたんですねという感じでした

絵を描くことをしなくなり、一時、外回りのお仕事をされていたらしいのですが、
やっぱり、自分でモノをつくりたいと感じ、
そして「箔画」にたどり着いたようです

「美しいものを作るだけで、それだけで価値がある」
座談会終了後、野口さんは自分の体験を通して感じたことを語ってくれました。

「今の子どもたちは少し心が弱い様。パソコンでの誹謗・中傷だけで自殺してしまう子もいる。たくさんの情報を耳に入れすぎてある意味早熟してしまっている。」

「今日死のうと考えていた人が僕の作品を見て、
【今日は良いものを見た。死ぬのは明日にしよう】と思ってくれる、そうなるだけでも作ったかいがある」

絵を通して人を感動させることを第一に制作しているからこそ、
野口さんが作る箔画はこんなにも美しいのだと感じるんですね


最後にお腹が痛くなるほど笑ったのは、いつですか?
最後に涙が後から後からこぼれるほど泣いたのは、いつですか?
最後に心を動かされた何かに出会ったのは、いつですか?


今の私たちは、
心を動かすことを忘れて生きているのかもしれません。


「モノつくり」を学んでいる私たち学生や、作家さんに必要なのは、まさにそれなのかもしれませんね

おちゃらけたようで、鋭い所をつく野口さんのお話は、
作家としての内部について考えさせられた座談会になりました

野口さん、今日は本当にありがとうございましたo(^o^)o

心を動かしたい方は是非こちら↓をチェック



さら
藍は青より出て、青より青し!
またまたこんばんは☆

次は今日の座談会の話をば…^^

今日の座談会のゲストは
天然藍染師 中西桂秀さんでした!!
 

写真からも見てとれるようにとても渋いお方です…


みなさんは、天然の藍で染めたものが人間の体に良いってこと知っていましたか??
私はハッキリ言って知りませんでした
でも今日の座談会で藍についてたくさんのことが解りました

すごいんですよ、天然の藍って…

なんと!
藍は虫除けにもなるらしく、
藍染めされた浴衣や生地は、99%もの紫外線をカットしてくれるんです!!!
驚き!!
それに、藍には、ガンやアトピーを治す成分も入っていると言われ始めています…

天然藍様様ですね!!!

天然藍の製造方法とそれ以外の藍の違いの他、
絹の素でもある、蚕の話もしていただきました
机にはいろんな種類の繭が…
この色とりどりの繭たち…
もとからの色なんですよ!?
染色していないんですよ!?

ちなみに手前のかたが手にしているものも蚕の一種の繭です
あえて詳しくは話しませんが…
なかなかショッキングな繭です笑

他にも、金色の繭や

ポケ○ンにでてきそうな繭など…

たくさんの繭を紹介していただきました☆

虫が嫌いな方には少々酷な写真がスライドされていましたが…
慣れると、成虫の模様や幼虫の配色の鮮やかさに感動するようになってきます笑

この二つの話をしていただいた後
お菓子とお茶を頂きながら、制作つくりに対しても意見を頂きました。

最後に繭の綿?をいただき座談会終了!

今回も楽しく勉強することができました!
中西さん、本当にありがとうございましたo(^o^)o

中西さんの藍染めが気になったらこちら↓をチェック★

明日は最後の座談会、
箔屋の野口琢郎さんをゲストにお迎えしてお話して頂きます!


明日もとても楽しみです

さら
座談会 / 25日19時〜 天然藍染師 中西桂秀さん 「藍の魅力とは?」
座談会 第二弾!!
ゲストに本藍染 雅織工房の天然藍染師 中西桂秀さんをお招きし、
藍、藍染めの魅力についてお話していただきます。

日時:2010年11月25日(木)19時〜21時
   ※18時半より受付を開始します。大広間での座布団展は18時半までです。
参加費:500円(お茶・お菓子アリ)
参加申込:karamari2010@gmail.comまで
※25日座談会参加します。とメッセージ下さい。
定員:10名
内容:藍とシルクについてのお話を、画像のスライドを交えながらお聞きします。

ゲストプロフィール:
本名:中西秀典 Real name: Hidenori Nakanisi
1966年 京都に生まれる。
1986年 家業の藍染製造卸業を手伝いながら藍染の本格的な勉強を始める
1987年 国選定無形文化財 佐藤昭人氏に師事。(すくも)の製造を学ぶ
1990年 天然灰汁醗酵建藍染に成功
1996年 群馬県蚕業試験場と家蚕品種研究を始める
1997年 藍染工房設立
1998年 碓氷製糸農業協同組合と日本原々種の研究を始める
2000年 日本原々種“小石丸”の養蚕・座繰り生挽きに成功
2002年 「皇居のご養蚕展」にて小石丸生糸の藍染着物を買い上げていただく
中国浙江大学・中国シルク博物館と古代絹の研究を始める
農業生物資源研究所と家蚕の研究を始める
2003年 超極細生糸繭の養蚕・座繰り生挽きに成功
中国シルク博物館へ唐時代の藍染復元布寄贈
日本野蚕“天蚕”の飼育・座繰り製糸に成功
インドネシア共和国ジョグジャカルタ王室事業野蚕の研究を始める
2004年 インドネシア共和国大使館でのファッションショー出展
  インドネシア共和国ジョグジャカルタ王室へ王室事業野蚕藍染作品を寄贈
インドネシア共和国手工芸研究所伝統手工芸展へ出展
2007年 Kyoto Style Cafe メンバーに選出される
2008年 Kyoto Style Cafe メンバーに選出される
2009年 Kyoto Style Cafe メンバーに選出される
2010年 Kyoto Style Cafe メンバーに選出される
2010年   10月 京都府・ジョグジャカルタ姉妹都市友好25周年展示(JR京都伊勢丹)

#karamari
座談会 / 22日18時〜「羊毛からはじまるからむ世界 - 編み・織り・フェルト・刺繍」
本日開催!!!!
当日のご参加も可能ですので、17時頃にお越し下さいませ。

からまってん座談会といたしまして、
ゲストに原毛屋スピンハウスポンタ「本出ますみさん」を迎えて開催します。

「羊毛からはじまるからむ世界 - 編み・織り・フェルト・刺繍」
日時:2010年11月22日(月)18時〜20時
   ※17時半より受付を開始します。大広間での座布団展は17時半までです。
参加費:500円(お茶・お菓子アリ)
参加申込:karamari2010@gmail.comまで
※22日座談会参加します。とメッセージ下さい。
定員:10名
内容: 原毛屋スピンハウスポンタの本出ますみさんをゲストに「糸を紡ぐ」ワークショップを交えながら、羊毛からひろがりからまっていく世界のお話をお聞きします。羊から染織を捉えてみると染織の幅広さと可能性を感じることができます。是非、ご参加お待ちしてます。
 
ゲストプロフィール:
1958年生まれ。武庫川女子大学国文卒。龍村美術織物勤務。
1982年より、インド、豪州、欧米各地を旅行。
1983年より原毛屋スピンハウスポンタを始める。
1984年より糸紡ぎの雑誌「スピナッツ」を年3回発行。
1991年ニュージーランドリンカーン大学にて羊毛のクラッシィングを学ぶ。
2007年「スピナッツ出版」登録、現在スピナッツは78号。
2012年3月に、日本全国のテキスタイルの関係者と京都中の職人とをミーツさせるイベント「羊パレット」を計画中。

#karamari
座談会 / 26日18時〜 箔屋・野口琢郎さんをお招きします。
箔屋・野口琢郎 さんの座談会のお知らせです。


箔屋・野口さんは、
9月に西陣の町で行われた「美の辻」の期間に訪問し、
箔についていろいろお話を聞かせて頂きました。
そこで、もっと多くの人に箔について知ってもらいたい!と思い、
今回野口さんをゲストに、座談会を企画しました!!


 
野口琢郎 さんの紹介です。
↓↓↓

京都西陣の生家で、
家業である箔屋野口(創業1877年)の五代目を継ぐ為の修業と並行し、
箔画作家として活動している。
漆と金、銀、プラチナ箔を駆使した伝統的な技法を用いながらも、
実験的で新たな表現の可能性を追求した作品を制作。
他にない箔画の美で今後注目の新進作家 。
http://www.takuro-noguchi.com/
座談会の内容
・帯に織り込まれる引箔が出来るまで
・箔について
・作家活動について
など、実際に現物を見せてもらいながら、お話を伺いたいと思います。

日時:2010年11月26日(金)18時〜20時
場所:京都リサーチパーク 町家スタジオ 大広間
   ※17時半より受付を開始します。大広間での座布団展は17時半までです。
参加費:500円(お茶・お菓子アリ)
参加申込:karamari2010@gmail.comまで
※26日座談会参加します。とメッセージ下さい。

是非、学校・仕事終わりに来てください。
お待ちしております。


あいしゃ